ビジネスローンとはどのような内容のローンか

ビジネスローンとは、事業のために必要となる資金を融資することに特化したローンの一種であるということができます。(ビジネスローンとは)一般的な個人向けのローンの場合、住宅ローンのような完全に使用目的が決まっているものもありますが、カードローンやフリーローンとよばれるタイプであれば、原則として使い道は制限されず、あくまでも個人の自由ということになっています。ところが、実際にはいくつかの制約があり、そのなかでも最たるものとして、事業用の資金として使用したいことという項目が挙げられます。個人向けのローンの場合、即日融資が可能であったり、アルバイトやパートであっても申し込みができたりといった、かなり条件的には恵まれているローンもありますが、それは個人としての使用に限定されており、会社その他の事業に使う資金としては使えないわけです。これは、会社組織をもたない個人事業主であっても同様で、仕事の目的で使った場合には、契約違反に問われてしまうこともあるのです。

こうした場合に活用したいのが、ビジネスローンとよばれる種類の別のローンです。ビジネスローンが個人向けのローンと大きく違うのは、やはり事業用であるという部分ですので、審査に関しても、法人、あるいは個人事業主としての事業の内容がわかる資料、具体的には最近数年間分の確定申告書の写し、法人登記簿などといったものが証拠書類として求められることがあります。また、ビジネスローンの審査の内容に関しても、個人向けよりも、多少厳格な部分がある可能性もあります。しかし、いったんこうしたビジネスローンを借り入れることができれば、会社の通常の運転資金として、あるいは設備を買い入れるための設備資金として、幅広く活用することができます。しかも、事業用であることを想定して、一度に大きな金額を借り入れることが可能であるケースが多く、金利についても比較的低くおさえられているため、ビジネスにとってはなくてはならないものといえます。